講師紹介

チェロ

宮田 浩久

九州交響楽団
Hirohisa MIYATA

宮城県仙台市生まれ。
東京藝術大学音楽学部器楽科入学。チェロを故堀江泰、三木敬之の両氏に師事。
フランスに渡り故ポール・トルトゥリエ、フィリップ・ミュレール、ベルリンではオットマール・ボロヴィキーの各氏に師事。帰国後東京交響楽団をバックにドヴォルザークのチェロ協奏曲で、札幌、仙台、長野にてデビューを飾り好評を得る。1985年より室内楽の分野にも活動を広げ、ロワール弦楽四重奏団を結成し、日本の若手で初めてベートーヴェンの弦楽四重奏曲全17曲を6年かけて演奏(音楽之友ホール)。またオーケストラの分野では、神奈川フィルハーモニー、広島交響楽団、大阪センチュリー交響楽団の客演首席チェロ奏者も務める。葉加瀬太郎との共演の他、ジャズの分野では、坂田明、山下洋輔、 佐藤允彦、中本マリ、 シャンソンの分野では嵯峨美子、石井好子との共演、 録音がある。 約20年、九州交響楽団首席チェロ奏者として活躍後、現在九響チェロ奏者をはじめ、ソロ、室内楽など幅広く活動している。1999年には、ハイドンの協奏交響曲を 九州交響楽団と協演。 2001年、日本でも演奏されることの少ない、チェロと吹奏楽のための協奏曲「カサノバ」を 西部航空自衛隊吹奏楽団と九州初演を果たした。
熊本大谷楽器店特別講師、長崎大学非常勤講師。