スポーツと音楽 オーケストラコンサート[大分公演]

公演名 文化庁文化芸術振興費補助金 劇場・音楽堂等機能強化推進事業
独立行政法人日本芸術文化振興会
スポーツと音楽 オーケストラコンサート [大分公演]
*[熊本公演]についての詳細はこちら


クリックすると
PDFでご覧頂けます
日時2019年9月29日(日) 開場13:30 開演14:00
会場iichiko総合文化センター iichikoグランシアタ
出演指揮:茂木大輔 管弦楽:九州交響楽団 司会進行:児玉けんめい
プログラム 第1部 〜運動会の音楽〜
オッフェンバック/喜歌劇「天国と地獄」序曲
古関裕而/東京オリンピックマーチ
J.シュトラウス/トリッチ・トラッチ・ポルカ

第2部 〜スポーツの歴史と音楽〜
ワルトトイフェル/ スケートをするひとびと

第3部 〜いろいろなスポーツと音楽〜
オネゲル/交響的運動第2番「ラグビー」
ショスタコーヴィチ/バレエ音楽「黄金時代」よりポルカ、ダンス
プッチーニ/オペラ「トゥーランドット」より「誰も寝てはならぬ」(ヴァイオリン・ソロバージョン)
ハチャトゥリアン/「仮面舞踏会」よりワルツ
ロッシーニ/「ウィリアム・テル」序曲
料金[全指定席] S席3,000円、A席2,000円 びび割/各10%割引 U半割/各半額(びび割併用併用可)
未就学児入場不可 無料託児サービスあり(先着順定員10名) 託児申込み〆切 9/20(金)17:00まで
チケット発売発売中
チケット取扱
友の会びびチケット予約専用電話番号097-533-4005
iichiko総合文化センター ホームページ
インターネット予約はこちら
iichiko総合文化センター 1階 インフォメーション097-533-4002
トキハ会館 3階 プレイガイド097-538-3111
ヱトウ南海堂097-529-7490
トキハ別府店 1階 プレイガイド0977-23-1111
ローソンチケット(ローソン各店) (Lコード:82813)0570-000-407
チケットぴあ(セブンイレブン各店)(Pコード:149-260)0570-02-9999
主催・お問合せiichiko総合文化センター[(公財)大分県芸術文化スポーツ振興財団] 097-533-4004
特別協賛三和酒類株式会社
協賛大分県企業局
後援大分県、大分県教育委員会、大分合同新聞社、OBS大分放送、TOSテレビ大分、OAB大分朝日放送、J:COM大分ケーブルテレコム、
エフエム大分、ゆふいんラヂオ、おおいたインフォメーションハウス、ラグビーワールドカップ2019 大分県推進委員会
その他 RUGBY MATSURI PROJECT2019 は、(公財)日本ラグビーフットボール協会と(公財)ラグビーワールドカップ2019 組織委員会が新たに開始した認証プロジェクトで、ラグビーを盛り上げることを目的としたイベントが認証されます。
注意・備考 ・上演中の客席への入場は制限させていただきます。
・やむを得ない事情により、曲目などが変更されることがあります。
・ご予約後の変更およびキャンセル、公演中止の場合を除き、一度購入されたチケットの変更および払戻はいたしません。
・未就学児童の同伴はご遠慮ください。
・無料託児サービスをご利用ください。 [要申込:9月20日(金)17時まで。満1歳児から未就学児まで。先着10名]
・無料託児サービスおよび車いす席のお問い合せ・ご予約はiichiko総合文化センターまでお電話でお申込ください。

出演者

茂木大輔
指揮/茂木大輔 Conductor / Daisuke Mogi

ミュンヘン音楽大学大学院修了(オーボエ専攻)ミュンヘン音大講師、シュトウットガルト・ フィルを経て、NHK交響楽団首席オーボエ奏者となり、現在に至る。平行して、1996年から指揮活動に入り、各種の解説コンサートや「のだめカンタービレの音楽会」で高い評価を得ている。現在までに山響、アンサンブル金沢、東フィル、名フィル、京響、兵庫PAC、広響、九響など多数の団体を指揮している。東京音楽大学指揮科で指揮を広上淳一氏に師事。「オーケストラ楽器別人間学(中公文庫)」など多数の著書がある。

九州交響楽団
管弦楽/九州交響楽団 The Kyushu Symphony Orchestra

1953年創立。1973年に改組、のち財団法人化を経て2013年から「公益財団法人九州交響楽団」となり、九州一円の常設オーケストラとしてアジアの交流拠点都市“福岡”に本拠地を置く。
初代常任指揮者・石丸寛(現・永久名誉音楽監督)。その後、森正、安永武一郎(現・永久名誉指揮者)、フォルカー・レニッケ、黒岩英臣、小泉和裕、山下一史、大山平一郎、秋山和慶が歴任し、2013年からは小泉和裕が音楽監督を務める。また桂冠指揮者に秋山和慶、名誉客演指揮者に小林研一郎を擁する。
アクロス福岡での定期演奏会をはじめ、天神でクラシック、名曲・午後のオーケストラの自主公演の他、中学生の未来に贈るコンサート、青少年向けのコンサート、オペラやバレエ、合唱との共演、ポップス、映画音楽、ファミリーコンサートなど福岡県を中心に九州各地で年間約130回の演奏活動を行っている。
2006 年から「九響シリーズ」9タイトル、小泉和裕が音楽監督就任後「ベルリオーズ/幻想交響曲」、「ベートーヴェン/交響曲第9番」、「マーラー/交響曲第8番《千人の交響曲》」のCDを発売。
これまでに、福岡市文化賞、西日本文化賞、文部大臣地域文化功労賞、福岡県文化賞を受賞。

司会進行

児玉けんめい
児玉けんめい Kenmei Kodama

大分市府内町生まれ。
大分県立雄城台高校、中央大学法学部を経て、保険会社の転勤族サラリーマンとして全国行脚後、家業の自転車店の後継として1998 年に帰郷。
すぐさまタレントとしての才能を買われ、テレビ、ラジオなどで大活躍。また地元のお祭りの司会、イベントの実行委員長、バンド活動、商店街劇団「ぶんご・ふない座」の主要俳優、脚本監修。還暦を前にして幅広く活動の場を広げる。RWC日本大会では、大分で開催される全試合のチケットを購入済み。現在、OBSテレビ「おはようナイスキャッチ」コメンテーター。

熊本公演についての詳細はこちら