派遣アーティストプロフィール

藤澤 菜那

ピアノ

大分県立大分上野丘高校卒業。武蔵野音楽大学音楽学部器楽学科卒業。武蔵野音楽大学大学院音楽研究科博士前期課程(修士)修了。3歳よりピアノを始める。ピアノを中尾恵子・林田麻衣子・ジュリア・ガネヴァ、村上直行、福井直昭・林田 誠の各氏に、伴奏法を子安ゆかり、アクセル・バウニ、三ツ石潤司の各氏に師事。平成22、および23年度福井直秋記念奨学金奨学生。大学院在学中の音楽業績を認められ、日本学生支援機構により奨学金の返還を免除される。平成23年度学内選抜学生による演奏会、第15回記念別府アルゲリッチ音楽祭「若手演奏家演奏会」等に出演。第33回瀧廉太郎記念コンクールピアノ部門大学・一般の部第1位。第12回ムジカサンタンジェロオーディション審査員賞受賞。第26回レ・スプレンデル音楽コンクールピアノ部門入選。第21回ペトロフピアノコンクール一般部門審査員特別賞受賞。第4回ヨーロッパ国際ピアノコンクールin Japan大学・一般A1部門ディプロマ賞受賞。第8回横浜国際音楽コンクールYokohama International Music Competitionピアノ協奏曲部門審査員奨励賞受賞。第26回日本クラシック音楽コンクール全国大会入選。ソロリサイタルをはじめ、大分交響楽団、大分交響楽団室内合奏団、Sant'angelo フィルハーモニー管弦楽団などとも共演、好評を博す。シュテルンムジークコンペティション審査員。

コメント

皆さまの心に残るような音楽のひとときをお届けしたいです。一つひとつの楽曲に親しんで頂けるよう工夫し、ピアノやクラシック音楽の魅力をお伝えします。