映像小ホール
Conference Room

利用許可申請書

施設のご利用に関する各種申請書を PDF・Word・Excel 形式で配布しています。

電話で予約状況を確認のうえ、書類に記入し下記のいずれかにてお申込みください。

施設予約状況

申請書提出方法

申請書提出フォーム / FAX / 郵送 / 受付カウンター

※初めて施設を借りられる方は注意点等を説明しますので、お手数ですが直接、受付カウンターまでお越しください。

申請書提出先

4階 事務室受付カウンター

TEL:097-533-4003 FAX:097-533-4009

住所:〒870-0029 大分県大分市高砂町2番33号 iichiko総合文化センター 施設課 宛

申請書

1. 映像小ホール利用許可申請書

2. 暴力団排除条例に伴う施設利用誓約書

3. 映像小ホール利用変更・取消届

※受付カウンター以外を選択の方は、申請漏れを防ぐために電話でご確認いただくようご協力お願いします。

申請書提出フォーム

利用ガイド

利用時間と利用区分

利用時間 利用区分
9:00〜22:00
午前09:00〜12:00
午後13:00〜17:00
夜間18:00〜22:00

※利用時間には、準備から撤去まで、施設の利用に関する全ての時間を含みます。

休館日

  • 毎月の第2月曜日及び第4月曜日(その日が休日に当たるときは、その翌日以降の最初の休日でない日)
  • 年末年始(12月29日から翌年の1月3日まで)
  • 設備の保守点検等のために知事が特に必要があると認める日
    ただし、知事が特に必要があると認めるときは、上記に定める日でも開館することがあります。

受付期間

利用日の属する月の3月前の月の初日から利用日の前日まで(連続して利用する場合、利用日とはその初日とします。)

  • iichiko グランシアタなど、他の施設と併用利用する場合は、貸出を希望する施設のうち最も早い受付開始日に希望する全ての施設の申し込みができます。
  • 受付期間の初日が休館日の場合は、翌日以降の最初の開館日が受付初日となります。

連続利用

連続して利用できる日数は7日以内です。

申し込み

  • 受付日:休館日を除いて毎日受付けます。
  • 受付時間:午前10時から午後5時まで
  • 受付場所:(公財)大分県芸術文化スポーツ振興財団 4階事務室受付カウンター
  • 受付手続:利用許可申請書を提出してください。

    ※受付期間内に申請があったものについて、先着順に受付けます。なお、受付開始日の午前10時の時点で利用希望日が重なった場合は、抽選等により決定します。

利用に際してのお願い

利用当日の注意

  1. 入室、退室時

    利用時間内は、利用者に鍵をお預けし、管理をお任せします。利用が終わりましたら、受付カウンターに鍵を必ずご返却ください。

  2. 利用時間の厳守

    準備、撤収は、利用時間内にすべてを終了させてください。

  3. 資材、資料等の搬入・搬出

    所定の搬出入口をご利用ください。なお、搬出入ルートなど、あらかじめ財団の担当者と打ち合わせてください。

  4. 会議室内ではアルコール類・喫煙は固くお断りします。
  5. 弁当殻等のゴミはお持ち帰りください。
  6. 会議室前の廊下は公共スペースですので、他の利用者の迷惑となるような行為はお控えください。

利用の取り消し

次の場合には、予約を取り消すことがあります。

  1. 申請書等に虚偽の記載があったとき
  2. 支払期限を過ぎても利用料の入金が確認できないとき
  3. 利用内容が秩序もしくは風俗を乱す恐れがあると認められるとき、又は当センターの施設等を損傷、もしくは滅失する恐れがあると認められるとき
  4. その他施設の管理運営上支障があると認められるとき

利用の変更・取消

利用の変更

  1. やむを得ない事情による利用日等の変更は、変更先の日・時間が空いている場合、1回に限り認めます。
  2. 変更する場合は、利用日の前日までに利用変更許可申請書(財団で用意)を提出してください。
  3. 主催者の変更、催物内容の変更、別の施設への変更はできません。
  4. 変更により利用料金が低額となる場合でも差額の返還はできません。

利用の取り消し

利用を取り消す場合は、利用取消申出書(財団で用意)を提出してください。なお、利用を取り消した場合(取り消しを申し出ることなく利用しなかった場合を含む)は、利用料金の全額を取消料としてお支払いいただくことになります。

利用料金の支払い

  1. 支払方法

    現金または銀行振込、郵便払込でお願いします。
    (現金の場合は、(公財)大分県芸術文化スポーツ振興財団4階事務室受付カウンターまで)

  2. 支払時期

    許可通知書発行の日から10日以内を原則とします。(10日以内に利用日が到来する場合は利用日まで)

料金表

利用料金

[ 単位(円)]
利用区分 午前
9:00~12:00
午後
13:00~17:00
夜間
18:00~22:00
映像小ホール
(最大63名・イスのみ90名)
※上映会・試写会等の利用
9,950 13,300 13,300
※会議・集会等の利用 8,050 10,700 10,700

※定員を超えてのご利用はできません。

附属設備及び器具の利用料金(1利用区分)

[ 単位(円)]
設備・備品名 単位 料金(円)
拡声装置 一式 1,250
プロジェクター(ビデオ) 1台 1,900
マイクロホン(ダイナミック型) 1本 520
マイクロホン(ワイヤレス) 1本 840
持込電気使用量 1台/1kw 320

※利用料金には、消費税を含みます。

利用料金算定の注意事項

利用料金

  1. 利用料金には、消費税・冷暖房料金を含みます。
  2. 2つ以上の利用時間区分を継続して利用する場合は、その2つ以上の利用区分の間(30分)は無料でご利用いただけます。
  3. 利用料金の額に円未満の端数が生じた場合には、円未満は切捨てとなります。

利用時間区分

利用時間区分内の一部の時間の利用でも、その利用時間区分のすべてを利用したものと同じ扱いになります。

超過利用

  1. 利用時間区分を超えて利用することは、やむを得ない事情があり、他の利用者に支障がない場合に限り認めます。
  2. 利用時間区分を超えて利用する場合の1時間当たりの利用料金の額は、その時間の直前の利用時間区分の1時間当たりの利用料金の額に100分の130を乗じて得た額とします。超過時間に1時間未満の端数が出た場合には、1時間として計算します。
  3. 施設を超過利用する場合に限り、付属設備及び器具を超過利用することができます。この場合の超過利用料金の計算は、施設の場合に準じます。
  4. 複数の利用時間区分にわたって利用する場合及び利用時間区分を超えて利用する場合を除き、各利用時間区分における利用開始時刻前の利用は、原則としてできません。