このイベントは終了しました。

東アジア文化都市2022大分県 閉幕行事
西洋音楽発祥の地プロジェクト

創作舞台「ムジカと生きる」

2022年
11
6
(日)

豊後の歴史絵巻から飛び出した物語が、時を超え時代を映し未来を描く!
構想から2年半。大分の史実を元に新しいアプローチで練り上げられたオリジナルの創作舞台。総合監督の穴井 豪氏を中心に、藤原道山氏による音楽と石橋直也氏による脚本が制作され、演劇、洋舞、日舞、合唱、オーケストラなど様々なジャンルから総勢120人の表現者たちが集まった。約1年に及ぶ稽古を重ねながら、繊細かつダイナミックな作品へと彩りと厚みを増していく。
本番はその日1回限り。それぞれの想いが織り込まれた舞台の幕が開く。

15:00 開場 / 16:00 開演 / 18:00 終演予定

About The Event

総合監督・演出

穴井豪

作曲・音楽監修

藤原道山

脚本・演技指導

石橋直也

出演

ペトロ・カスイ・岐部:石橋直也
ムジカ:田中なずな
大友宗麟:椎原克知(文学座)
マリア波多:嘉目真木子(東京二期会)   ほか

▽キャスト一覧

指揮

森口真司(大分県立芸術文化短期大学教授)

管弦楽

大分県立芸術文化短期大学「ムジカと生きる」特別オーケストラ

料金

S席 4,000円
A席 3,000円
B席 2,000円
U25割 各席半額
(全席指定)

3歳児以下入場不可

チケット発売

[びび会員]
KOTOBUKI 2022年8月4日(木)10:00~
TAKASAGO/UME 2022年8月5日(金)10:00~
[一  般]
2022年8月9日(火)10:00~

チケット取り扱い

インターネットで購入
  • iichiko総合文化センター 1階 インフォメーション
  • ヱトウ南海堂
  • トキハ会館 3階 プレイガイド
  • チケットぴあ(セブンイレブン各店)(P:511-097)
  • ローソンチケット(ローソン各店) (L:84645)

主催・お問合せ

iichiko総合文化センター[(公財)大分県芸術文化スポーツ振興財団]
大分市高砂町2-33 TEL 097-533-4007

NPO法人 大分県芸振
大分市高砂2-33 iichiko総合文化センター地下1階
TEL 097-536-0522

協力

大分県立先哲史料館、大分県立埋蔵文化財センター、臼杵市歴史資料館

助成

文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会
一般財団法人地域創造

特別協賛

三和酒類株式会社

後援

大分県、大分県教育委員会、大分合同新聞社、西日本新聞社、朝日新聞社大分総局、読売新聞西部本社、毎日新聞社、NHK大分放送局、OBS大分放送、TOSテレビ大分、OAB大分朝日放送、エフエム大分、J:COM大分ケーブルテレコム、月間・シティ情報おおいた

ストーリー/ Story

豊後の海は果てしなく蒼かった-。

碧海。荒波を割く一艘の船。
その甲板に立ち、遥か先の地平線を見つめる一人の男…彼の名前は『ペトロ・カスイ・岐部』。
彼は豊後国(現・大分県)国東の豪族[岐部氏]に生まれ、幼い頃から『キリスト教』を信仰していた。しかし、世は禁教令の時代。日本を逃れ、異国の地へと向かうペトロ・カスイ・岐部。目指すは聖地『ローマ』。

…だが、数々の大きな壁が彼の前に立ち塞がる。

そんな彼のそばに寄り添い、共に歩む謎の存在【ムジカ】。
ムジカの不思議なチカラにより、ペトロ・カスイ・岐部の目の前に現れたのは…なんと豊後の国主『大友宗麟』だった!!
そこで知った大友宗麟の「願い」とは…

『ペトロ・カスイ・岐部』と『大友宗麟』。
二人の[想い]が交わる時…奇跡が起こる。
果たして、ペトロ・カスイ・岐部は聖地『ローマ』に辿り着けるのか…そして、ムジカとはいったい何者なのか…。

今尚語り継がれる偉人「ペトロ・カスイ・岐部」の軌跡を辿りながら、豊後王「大友宗麟」の数々の逸話を通して宗麟の情熱を描く。

プロモーション/ Promotion

制作風景はこちら!(YouTube)

SNS

プロフィール/ Profile

穴井豪総合監督・演出・振付

Go Anai

大分県出身。ダンスアーティスト、コンテンポラリーダンサー、振付師、ときどき俳優。2004年~日本を代表するコンテンポラリーダンスグループLeni-Bassoのメンバーとして世界中で公演。17ヶ国で舞台に立つ。その後フリーランスに。ミュージカル、PV、CM等に出演。2014年オフブロードウェイミュージカル「アルターボーイズチームレッド」全曲振付。2012年~2016年「石井竜也コンサート」振付、出演。2015年~2018年話題作”スーパー歌舞伎Ⅱワンピース”(市川猿之助主演)の振付を担当。自身も出演。2018年10月皇室行事「国民文化祭大分」のオープニングステージ総合演出、振付を担当。芥川賞作家 小野正嗣氏の脚本を元に映像、芝居、ダンス、音楽、バトン、伝統芸能を融合した舞台を制作し、好評を得る。2019年~2020年スーパー歌舞伎Ⅱ新版オグリ(市川猿之助、中村隼人主演)に振付、出演。

藤原道山音楽監修・作曲

Dozan Fujiwara

尺八演奏家、作曲家。初代山本邦山に師事。東京藝術大学卒業、同大学院音楽研究科修了。在学中、皇居内桃華楽堂にて御前演奏会に出演。安宅賞、江戸川区文化功績賞、松尾芸能賞新人賞、「季(TOKI)-冬-」で平成30年度文化庁芸術祭優秀賞、令和2年度(第71回 )芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。これまでにCD、映像作品等多数発表。伝統音楽の演奏活動及び研究を行うと共に、マリンバ奏者SINSKEとのデュオ、妹尾武(ピアノ)、古川展生(チェロ)との「KOBUDO-古武道-」、尺八アンサンブル「風雅竹韻」などのユニット活動、映画音楽、舞台音楽、音楽監修、NHK「にほんごであそぼ」にレギュラー出演など多岐な活動を展開中。小学及び中学音楽教科書 (教育芸術社)の執筆・編集及び出演や後進の育成など普及・教育活動にも力を注ぐ。

石橋直也脚本・演技指導/ペトロ・カスイ・岐部 役

Naoya Ishibashi

脚本家、演出家、俳優。東京を中心に活動。日生劇場「風林火山~晴信燃ゆ~」で商業演劇に初出演し、以後、蜷川幸雄演出「じゃじゃ馬ならし」G2演出「助太刀屋助六外伝」等、様々な舞台に出演する。コクーン歌舞伎「桜姫」「佐倉義民傳」スーパー歌舞伎「ヤマトタケル」等、歌舞伎公演にも参加。さよなら歌舞伎座公演では、野田秀樹演出「野田版・鼠小僧」、宮藤官九郎演出「大江戸りびんぐでっど」に出演。近年では、スーパー歌舞伎Ⅱ「ワンピース」にてフランキー、ダズボーネスの二役を演じている。一方、脚本・演出家としても、様々な舞台を手掛け、自身の作演出舞台「廻る想ひ、紡ぐ月。」でグリーンフェスタ2019に於いてBIG TREE THEATER賞を受賞。2020年1月には劇団「玄狐」を旗揚げ。俳優のみならず、脚本家、演出家、プロデューサー等、多方面で活躍している。

田中なずなムジカ 役

Nazuna Tanaka

大分県出身。女優。2001年11月11日生まれ。小学校4年生の時にミュージカルに興味を持ち、歌、ダンス、演技のレッスンを始める。中学生の頃からテレビのカラオケ番組に多数出演、100点を出し注目を集める。主な出演作品にミュージカル『あしながおじさん』福岡公演(主演ジュディ役 )、国民文化祭オープニングステージ『ヨロコビ・ムカエル?』(主演ヨロコビ役)、ミュージカル『ポーの一族』(ディリー役)、NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(くま役)、映画『胸が鳴るのは君のせい』(藤木麗華役)、ディズニー映画『ムーラン』(シウ役日本語吹き替え)、NTV『歌唱王』、TX『THEカラオケ★バトル』(U-18新人戦・優勝)など多数。また現在YouTubeチャンネル『かなや放送』の朗読むすめとしても活動中。

椎原克知大友宗麟 役

Katsutomo Shiibara

大分県出身。俳優。1995年大分大学卒業。会社員2年目、文学座研究所入所。翌年(株)JALUX退社。2000年文学座正座員となる。「女の一生」、「モンテクリスト伯」、「十二夜」、「ファウスト」等、50作品以上の舞台、映画「千と千尋の神隠し」、「釣りバカ日誌19」、大河ドラマ「葵 徳川三代」などに出演。2006年文化庁在外研修員として米国Neighborhood Playhouseに1年間演劇留学。2018年大分での国民文化祭オープニングステージ「ヨロコビ・ムカエル?」に出演。全国各地で「演劇を使ったコミュニケーションワークショップ」を行い、これまで2000名以上参加。また東京都立飛鳥高校専任講師として、10年間演劇授業を受け持つなど幅広く活動する。

嘉目真木子マリア波多(ペトロ・カスイ・岐部の母) 役

Makiko Yoshime

大分県出身。ソプラノ歌手。国立音楽大学大学院修了。文化庁海外派遣員として伊フィレンツェへ留学。2010年東京二期会《魔笛》パミーナでオペラデビュー。以降同会には《フィガロの結婚》スザンナ、《ドン・ジョヴァンニ》ツェルリーナ、《パリアッチ》ネッダ、《こうもり》ロザリンデ、《魔弾の射手》アガーテ、《金閣寺》若い女/有為子、《メリー・ウィドー》ハンナ、等で出演。その他日生劇場や神奈川県民ホール、全国共同制作オペラ等で《コジ・ファン・トゥッテ》フィオルディ リージ、《カルメン》ミカエラ、《魔笛》パミーナ等に出演。2018年仏国立ラン歌劇場に《金閣寺》若い女で欧州デビュー。 CHANEL PygmalionDaysアーティスト、トッパンホールエスポワールアーティストとしてリサイタ ルを開催。東京オペラシティ主催B→Cリサイタルでも『音楽の友』誌上で高評価を得る。NHKニューイヤーオペラコンサート、NHKららら♪クラシック等に出演。

©️T.Tairadate

キャスト/ Cast

 
ペトロ・カスイ・岐部           石橋直也
ムジカ田中なずな
大友宗麟椎原克知(文学座)
岐部左近大夫森正剛
ロマノ岐部立田直也
マリア波多嘉目真木子(東京二期会)
柴田礼能山﨑兼雄
武下之安池田皓樹
姫君(宗麟の娘)小野ひとみ
水口マニエル林憲吾(演劇集団P-nuts)
小西マンショ重藤嵩貴
ミゲル・ミノエス池田皓樹
フランシスコ・ザビエル日野いつき
コレジオ生徒岩矢紗季
シスター1千葉海音
シスター2東本綾子
盗賊長山﨑兼雄
盗賊たち秋月淳司、池田寛人、河野太持、佐藤陽菜、新宮珀、立田直也、日野いつき
影たち秋月淳司、池田寛人、川口倫恵、木戸莉恵、佐藤陽菜、新宮珀、日野いつき
舞踊花柳裕句匠、藤間重志朗、藤間賢美、花柳嘉恵富
ダンサー秋月淳司、荒凛音、岩矢紗季、小野恵莉奈、小野椿、加藤至竜、川口倫恵、木戸莉恵、坂本聖莉、佐藤陽菜、佐藤優、新宮珀、菅明凛、田島碧、立山采奈、千葉海音、土屋友、得丸心和子、橋本英子、久冨華蓮、日野いつき、三ツ木真央、安野心粋
商人秋月淳司
豊後の民たち他秋月淳司、荒凛音、池田寛人、岩矢紗季、小野恵莉奈、小野洋子、河野太持、坂本聖莉、佐藤陽菜、佐藤優、新宮珀、菅明凛、田島碧、立山采奈、千葉海音、土屋友、萩原沙姫、東本綾子、安野心粋
合唱津久見樫の実少年少女合唱団

スタッフ/ Staff

 
総合監督・演出          穴井豪
作曲・音楽監修藤原道山
作編曲石本大介、篠田大介
オーケストラアレンジ青山政憲、Keiko
脚本・演技指導石橋直也
舞台監督西村元晴(annolab)
舞台美術冨澤奈美
舞台映像村上ヒロシナンテ(annolab)
舞台造作小西哲也(WFD)
照明首藤尚志(TAKE5)
音響仲野雅史(TAKE5)
サウンドデザイン高木公知(invis)
グラフィックデザイン須藤史貴(annolab)
衣裳竹林れいこ
衣裳助手竹林子織
振付穴井豪、後藤智江、檀上小夜子
演出・振付助手荒金ゆかり、西川晴香
宣伝デザイン・撮影・動画制作村岡友憲、株式会社グリーンサークル
グラフィックデザイン協力戸口勝司
現地照明・音響テイクファイブユニーク共同体
イベント情報